BTE Ep.112 – All Out


 
 

シーン1 – Bear

  • バーナード・ザ・ビジネス・ベアーとニックはお互いを嫌い合っている。
  • バーナードがニックにぶつかって通り過ぎて行く。
  • バーナードに向かって、ニック「Prick(dick=チ◯コ)」

 
 

シーン2 – ナッシュビル

  • SCUはいつも通りに「ナッシュビルは今まで行った中で最低の街だ!」

 
 

シーン3 –  Twitterニュース

  • コーディがスティーブン・アメルが主演するArrowに再びゲストとして出演することが発表。

 
 

シーン4 – 撮影

  • ROHのコマーシャルを撮影している。マーティーの邪魔をしてからかうニック。

 
 

シーン5 – ケニー in 東京

  • ケニーは深夜の東京で撮影。明日地方に旅立つ。
  • 「OGBGと揉めてて今ややこしいことになってるけど、俺とペイジは仲良くやってるよ。」
  • 「サンフランシスコでかかとを怪我した。多分ヒビが入ってるか骨折してるかも。」
  • 「でもみんなをガッカリさせたくないし、棄権はしないよ。」
  • ケニーは洗濯物を取りに行く途中らしい(コインランドリー?)しかしもう店が閉まってしまったかもと心配する。

 
 

シーン6 – All Out

  • フリップはニック・アルディスが保持するNWAヘビー級王座に挑戦。
  • このベルトにはコーディもALL INで挑戦する。
  • フリップが王座を奪取出来れば、ALL INでコーディと対戦できる。
  • コルト・カバナの強い応援を受けるフリップ。
  • しかし、結果はフリップが負けてしまう。
  • コーディはフリップに「すごい試合だった。お前のことを見直した。」
  • そしてコーディからCracker BarrelEliteたちよく写真を撮っているアメリカのファミレス)の$25分のギフトカードをプレゼントされる。

 
 

シーン7 – ゴミ

  • バレッタとチャッキーTがヤングバックスのIWGPジュニアヘビー級ベルトをゴミ箱に捨てようとするが、2人に見つかってしまう。

 
 

シーン8 – ヘビー級

  • ニック・アルディスにオカダとの対戦は緊張しないかと聞かれるマーティー。
  • もちろんそんなことはないと返すマーティー。
  • アルディス「ヘビー級のオカダにジュニアヘビー級の君じゃ手こずるんじゃないか。」
  • アルディスの一言にムッとするマーティー。「階級で強さを決める時代はもう終わった」
  • マーティーに自身のNWAのヘビー級ベルトを持たせるアルディス。
  • あまりの重さに衝撃を受けるマーティー。これじゃ俺が絶対にやられてしまうとビビるマーティー。

 
 

シーン9 – ジュース

  • ジュースはペイジに「先週のBTEのジョーイ(・ジャネラ)のシーン観た?」と聞く。ジョーイ・ジャネラではなくジョーイ・ライアンのことを聞かれたと早とちりしたペイジは、ジュースに襲いかかる。
  • 裕二郎「ジョーイがスッゲェ強いだと?あいつはただのインディー野郎だ!」
  • ペイジ「いや、あいつはマジで強いよ。」
  • ペイジはジュースに向かって「ケニーからマットに、マットからマーティーに、マーティーからニックに伝えてくれ。ジョーイを2度とBTEに出すな。」と言う。
  • ジュース「ややこしいな。メモした方がいい?」
  • ジュース「わかった。Bブロック公式のケニー戦で負かした後に伝えるよ。」

 
 

シーン10 – 新マッチ

  • コーディの家でバーベーキューを楽しんだ3人。
  • ALL INの新マッチ、 ジョーイ・ジャネラ  vs ハングマン・ペイジ を発表。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です