BTE Ep.124 – “Sail Away, Man”

“Sail Away, Man”

  • ジェリコのキャッチフレーズ”Drink it in, man” と似た意味。訳すなら、スターである俺を楽しみたまえって感じ。

オープニング

  • ジェリコ「ハイ。BTEのスター達が集結した。リングでは争ってる俺たちだけど、実生活では仲の良い友達なんだ」

クルーズ

  • ヤングバックスは家族全員分のチケットを購入したおかげでクルーズのギャラがパァになってしまったと漏らす。
  • カモメにランチを食べられてしまうメンバー達。

SCU

  • 2週間前のエピソードでフリップがSCUJno出番を奪ったと怒っているダニエルズ。
  • フリップ「だけど君も実際の出身は南カリフォルニアですらないじゃないか。」ダニエルズはミシガン州の出身。

絵本の宣伝

SCU パルプ・フィクション

  • タランティーノの有名な映画「パルプ・フィクション」のパロディ。

  • カザリアンはジョン・トラボルタに扮している
  • ダニエルズとスカイはお互いにサミュエル・L・ジャクソンになりたいと揉めている。
  • スカイ「明らかに黒人の俺の方が合ってるだろ」(サミュエル・L・ジャクソンは黒人の俳優)
  • 最後に登場するキャラクターはエディー・マーフィーの映画Coming to America”(星の王子 ニューヨークへ行く)のパロディ。

マリオブラザーズ

  • ルイージのコスチュームが納得いかないニック。
  • だが、他のみんなは各々のコスチュームを気に入っている。
  • ケニーは本当はプリンセスになりたかったと愚痴を言う。ケニー「俺の本当の性格は女の子っぽい(フェミニン)んだ」

フリップ

  • パパバック(ヤングバックスのパパ)のバンドでドラムを演奏するフリップ
  • しかしヤングバックスからはドラムを演奏したくらいじゃBTEに出演させるにはまだ不十分だと言われる。
  • スーパーキックをお見舞いするフリップ。全員フリップのスーパーキックにシビれている(ウットリしてる)

100GRAND

  • スコーピオ・スカイはBTEに出演したおかげで自分は前よりも人気者になったとマットに感謝する。
  • スコーピオはマットにお金を貸して欲しいと思っている。「100 GRANDÔ貸してもらえるか(日本円で約1000万円)」聞くと、マットはチョコバーの100 GRANDを差し出す。

Talk is Jericho Podcast(ポッドキャスト収録)

  • マット「The Eliteは俺たち2人とケニーの3人を指すんじゃなくて、マーティー、ペイジ、コーディを含めた6人のことだ」

クロージング

  • トリプルHに攻撃されるコーディ
  • 有名なホラー映画”Psycho” に登場するシーンのパロディ

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です