BTE Ep.119 – “Tick-Tock”

オープニング

  • マーティーは遅刻している。メンバーはまだかまだかと彼の到着を待っている。
  • このシーンはALL INでマーティー vs オカダの試合時間が押したことをネタにしている
  • フリップ「俺なんて呼ばれてもいないのに、時間通りに来たぞ」
  • コーディ「マーティー、遅刻だぞ!」
  • マーティー「何に?」
  • マット「BTEのオープニングを撮ってるんだ」
  • マーティー「あれはもうキャンセルになったんじゃなかったの?」
  • コーディ「キャンセルになったのはお前だ!」(このセリフはコーディのアドリブの様で、みんなが思わず笑っている)

IN-N-OUT Burger

  • SCはカリフォルニア発祥のバーカーチェーン IN-N-OUTバーカーで食事をしているので機嫌が良い
  • ダニエルズはダイエットに励んでいるので何も口にしない
  • 正体不明の男2人(コーディの州知事選のマネージャーをしていた)が「お前たちのバーガーとジュースにチ◯コとキン◯マを擦りつけといたぞ」と言う
  • カザリアンとスカイは気持ちが悪くなって吐き出すが、ポテトは問題ないと分かったダニエルズは構わず食べ始める

レーシック

  • マットはレーシックの手術を受けたので、もうメガネは必要なくなった。
  • ちなみに手術を担当した医師にサインをお願いされたらしい。

ラスベガスのホテル

  • マットは11年前にラスベガスで妻のデイナにプロポーズした時の事を思い返している
  • マットの頭の中で時計の針が鳴り始める

試合後

  • コーディとバックスはALL INロスにかかっているらしい。
  • コーディはALL INでボディカードを付けられたらしい。コーディ自身は自分がセレブ扱いを受けていると思ったらしいが、実は機嫌の悪いコーディが周りに当り散らさないようにと警戒してボディガードを用意されたようだった。(多分コーディは短気な性格らしい)
  • 3人は「もうすぐ契約が終了するけど、その後どうなるのか分からない」と話している。

ブーツ

  • バックスはALL INでチ◯コに連れて行かれたペイジの身に何が起こったんだろうと不思議に思っている。
  • ペイジは自分がジョーイ・ライアンを殺害していなかったとわかり、ホッとしている。
  • マット「心配するな。俺たちだって人を殺したことがあるし(アダム・コールの事を意味している模様)
  • マット「それに神に罪を償えば許してもらえるって。」(キリスト教の教えのことを言っている)
  • ペイジ「いや、それはどうかと思うけど
  • ペイジはプレゼントにブーツを受け取る
    • カードにはよくやった。しかしASSASSIN(暗殺者)になる気でいるならもっと知的に (CEREBRA)にならないとな本気で人を殺すつもりなら、もっと強くならなければいけないと書かれている。
    • WWEのトリプルHのニックネームは、残忍な知能犯 or 知的な暗殺者 (Cerebral Assassin)”
    • これはNXT/WWEがペイジを引き抜くつもりでいるというサインの様

ラスベガスの空港

  • ヤングバックスはロングビーチへ発つ飛行機を待っている
  • ラスベガスには空港にまでカジノがある
  • ニックがG.O.Dの話をしているが、マットには時計の針の音が聞こえる

試合後

  • マットは背中をまた痛めてしまった
  • マットは繰り返し「またかよ。勘弁してくれよ」と言っている

レストラン

  • ケニーがレストランでThe Elite達を見つけられずに困っているシーン。このシーンに正解があるのかは分かりませんが、コーディとのいざこざを経て、今完全にケニーはメンバー達と再び友達に戻ったという意味にも受け取れるのかなと思います。

チクタク

  • 時計の針の音が聞こえるマット
  • カウントダウンが始まっている。画面には残り2ヶ月と30日と表示されている。(ROHとの契約終了までのカウントダウン?)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です