BTE Ep.114 – “Broadcasting…”

シーン 1 – 悪夢

  • ペイジはジョーイ・ライアンの悪夢にうなされている

シーン 2 – サイン

  • マットとニックは絵本のプレオーダー版にひたすらサインをしている

シーン 3 – ノーウィッチ、 コネチカット

  • ミート&グリート
  • ヤングバックス「コネチカットは良い所だ」(コネチカットにはWWEの本社がある)
  • フリップ「Marty & Flip take Norwich, Connecticut 」
  • マーティー「俺たちがいるのはフットボールのスタジアムだ」。実際には野球場。マーティーはスポーツには詳しくない模様。
  • フリップはROHと2年契約を結んだらしい。3人はフリップにおめでとうと言っている。
  • フリップ「2人の契約はいつまでだったっけ?」返事をしない2人。(WWE移籍のヒント?)

シーン 4 – Best Friends

  • バレッタとチャッキーTはマネージャー2人に、「お前たちは才能のないレスラー」だとボロクソに批判されている

シーン 5 – ユニバーサルスタジオ

  • SCUの前にジョーイ・ライアンが通り過ぎる。幽霊を見ているのかもと怖がる3人。

シーン 6 – ミート&グリート

  • マット「ニック、おい、お前のタトゥーを入れてるファンがいるぞ」とマットが指差したファンのタトゥーはニックではなく、ルイージだった。
  • ビリー・ガンのブースに行って彼の入場曲を楽しそうに歌う2人。

シーン 7 – プール

  • マット、ニック、マーティーの3人はプールに入りながら、昨夜彼らは高級ステーキ店で食事をしたと話している。しかしTシャツにスニーカーという相応しくない格好で行ってしまい恥をかいてしまった様。
  • だが周りのお客から「あなたたち有名なレスラーなの?」と聞かれたらしい。

シーン 8 – スティーブン・アメルのインタビュー

  • アメルはTVの撮影のセットにいる(怪我は撮影用のメイクです)
  • アメルによると、「クリストファー・ダニエルズは俺の人気に嫉妬している。だから俺がジョーイ・ライアンを殺害したと言って俺を陥れようとしている」とのこと。
  • そしてALL INでスティーブン・アメル vs クリストファー・ダニエルズのカードが発表

シーン 9 – ジム

  • マーティーのTシャツ ”I’m A Heavyweight”(俺はヘビー級だ)
  • ヤングバックス「お前がそのTシャツを着るには体が小さすぎる」
  • マーティーはイラっとする。
  • ジャック・スワガーが登場。「お前がオカダに勝てるチャンスはない」
  • 女性ファンからドーナツをプレゼントされるマーティー。先週のエピソードでニック・アルディスがドーナツを食べろとアドバイスしていたのを見て持ってきたらしい。

シーン 10 – 「勝ち続ける意志力」

  • ペイジはケニーにこの本のおかげで勝つことができたとお礼を言う。
  • するとケニーは「本を返して欲しい」と頼む。(石井戦で負けたらから)
  • ペイジは気を取り乱し、絶対にこの本を返さないと言い張る。
  • 裕二郎「Shut the fuck up, man! Give him the fucking book!」(いいから黙ってこいつに本を返せ!)

    シーン 11 – フロリダ

    • マットとニックはFull Sail Arena (NXTが毎週収録しているアリーナ)の前に立っている。
    • そしてフロリダのオーランドはとても好きな都市だよと言っている(オーランドにはWWEのジムがある)

    シーン 12 – コーディ〜発表

    • コーディ「州知事選挙に出馬するのはやめた」
    • コーディの発表にDDPはガッカリしている
    • ALL INはペイパービュー、FITE.tv(格闘技とプロレスを販売しているFITEというブランドの様)、そして WGN AMERICA(アメリカの全国放送のTV局)でブロードキャストされると発表。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です